ネット弁慶Bのブログ

書いてるのおっさんです。過去ログ修正削除多し。

わたモテの「小説」が出るようです

ガンガンJOKER 2019年7月号

f:id:matui0001:20190622182422p:plain

4ページしかないのに、
友モテの新作があるから
500円くらい出して買ったわー…。


内容は良かった。
…漫画の内容というより、
今のメインキャラたちの中学時代が 
(モブとして)見られてニヤニヤできた。

制服(学校)の違いとかで考察好きの読者には 
喜ばれるかと。

このブログ向けとしては浅い感想で、
ゆりちゃん(らしき人)は今と同じ髪型で 
「らしい」と感じたなーって くらいにとどめる。


めっちゃボリュームあったのなら 
各キャラの中学時代の顔だけ載せたいですが、
4ページしかないから 
自粛してそれはやめておきます。

電子書籍ならお手軽です。
500円くらいのお金気にしないなら…。
(私はとても気にした)

ギャグクオリティじゃなくて 
ニヤニヤ部分を評価して推すのは
私が本当に好きな谷川ニコじゃないんだけど、
これもまた新しい谷川ニコです。

動画メモ 谷川ニコさんラジオ出演

www.youtube.com


つべで見つけたのを無断で貼ってます。
見つけたとき200再生くらいでしたが、どこまでいくかな。


予想以上に控えめな方でした。

1990年代に桑島法子らとラジオをやっていた 
會川昇(脚本家)みたいな、
イキリ倒す人を
(最悪のケースとして)勝手に想像してました。
なので予想を裏切られて良かった。

舞い上がって何でも喋ってしまうようなこともなく、
セルフプロデュースがきちんと出来ている印象。
情報がもっと欲しかった私としては残念ですが…。

祝・わたモテ15巻発売

f:id:matui0001:20190512220043p:plain

無事発売されました。

実は最近あまり情報を仕入れる行動をしてなくて、
発売日忘れてました。
ネカフェに行ったとき、本棚にあって気付いた…。

「発売日の夜にはネカフェに陳列されていた」、
つまり わたモテは人気タイトル、
というのを知れたのは良かったです。

f:id:matui0001:20190512220833p:plain

収録話はご覧の通り。

f:id:matui0001:20190512221659p:plain

修正は、やはり今巻も 
髪の毛まわりが見つけやすかったです。

ネモのすごい顔はWEB版のまんまです。
よかった、よかった(?)。

f:id:matui0001:20190512222602p:plain

セリフ変更とかもありました。
「タイバニ」が一部伏字になったり。

描き直しっぽいのは球技大会のときの服装とか…。
わりとどうでもいい(失礼)感じです。

f:id:matui0001:20190512225829j:plain

追加で描かれた漫画。
5ページ。
あとはカバー下のイラストか。

気になる方は是非ご購入を…。

グラゼニ パ・リーグ編4巻

グラゼニ パ編4巻読みました。

3巻までを読んだとき、
俺は何を読んでいるんだろう…、
という変な感覚に陥るほど楽しめなかった。


メインキャラ全員が下を向いているような 
ストーリー展開だったんですよね。

パリーグ編で新装開店したばかりなのに、
こんな急につまらなくなるもんかなと。

f:id:matui0001:20190506231601p:plain

4巻はちゃんと持ち直していました。
よかった、これからも読んでいけそうです。

でもパ編は まだ 
おすすめしたいとは思わないですね。

ガルパ☆ピコ アンソロ本

ガルパ☆ピコのアンソロ本買いました。

f:id:matui0001:20190314223305p:plain

アンソロ本を発売日に買うのは初めて…、
かと思ったけど 

ドラクエとかファイアーエムブレムの 
「4コマ劇場」関連なら買ったことあったか。
(だいぶ大昔の話だなー)

f:id:matui0001:20190314224145p:plain

描いてる人たち。

まったくモー助さんの名前を見ると、
いまだに「極上生徒会」が
頭に思い浮かんじゃう…。
(別に悪いことではないけどw)

ちなみに 登場5バンド、
それぞれ主役になってる漫画が3つずつで、
数は同じです。
公平に揃えたんでしょうね。

Afterglowで 
モカのパンネタかぶり3つは呆れ。

f:id:matui0001:20190314225019p:plain

アニメで監督をやっていた宮嶋さんの漫画は
ポピパが主役なので、
ポピパが強い印象がややある程度。

f:id:matui0001:20190314230240p:plain

おたえ…。
脱サラして路上ライブってなに。

バンドリ1期に登場した花園家の裕福さを思うと
完全なギャグと言い切れないところがちょっとホラー。

…りみのコロネ狂は
見慣れすぎて普通になったのがすごい。




そんなわけで、
170ページくらい(基本モノクロ) 
価格1000円のこの漫画本。

オススメ度は…、
★★☆☆☆ 
かな。 
「毛魂一直線」さんくらい 
破壊力のある作家さんが 
もっと多く参加してくれないと、
私には物足りなかったです。


宮嶋星矢監督が面白すぎます。
「公式」の存在とも思える 
宮嶋さんが参加してしまったために、
他が弱く見えたのもありました。