ネット弁慶Bのブログ

書いてるのおっさんです。過去ログ修正削除多し。

ゲーム開発も宣伝手段に対応を

最近は漫画よりも「牛沢」さんのゲーム実況動画で
時間を浪費しています。(以下敬称略)

牛沢の代表作は、
絶対絶命都市シリーズになってるみたいですね。
(メーカーの「グランゼーラ(アイレム)」も 
彼に宣伝動画を作らせるほど)

www.youtube.com

でもこれって本来なら
エンディングまでフルに実況させちゃ
駄目なタイプのゲーム…。 

シナリオがほぼ一本道で、
珍妙な選択肢の出オチが
最大のウリみたいなものだから。
実況動画を見れば、自分で買う必要がほぼない。 

 
それでもメーカーが
実況者を利用して広告しなきゃいけないくらい、
今はゲームを買う人の牌が少ない。
市場が小さい。 
広告費をかけられない。

広告のためにゲームの核心を見せてしまうという
最大の禁じ手を許さないといけなくなった。
買うほうもそこまで見て
納得しないと買わなくなったから。


メーカーが全力で広告をうって、
受け手のゲーマーも全力で情報をかき集めてた 
あの頃とはもう違うから…。 


既にネタバレ済みでも買う人が出るくらい、
牛沢の動画は確かに面白いです。
だから広告戦略としては
正解のひとつではあると思います。

でもゲーム実況者を広告に使う時代になったのなら、
グランゼーラも 
それに合わせたゲーム作らなきゃ駄目ですね。

www.youtube.com

グランゼーラが自ら宣伝させた 
「巨影都市」(絶体絶命都市の姉妹作品)なんか、
発売後の牛沢動画見れば もう買わなくてもいいかも。
(発売元・バンダイナムコ

www.youtube.com

牛沢の実況動画の中での類似ジャンルなら、
デトロイト ビカム ヒューマン」
くらい分岐を作りこまないと…。
私は動画を全部見たうえで このゲームを買う予定です。